早めの行動を|費用を抑えて引越し準備を行なおう|あまりの安さにびっくり仰天
男の人

早めの行動を

引越 荷造り

不要なものは処分して

引越には荷造りが欠かせません。引越サービスには、荷造りまでおまかせできるパックもありますが、費用がかなりかかる上、高価なものなどは結局自分でつめなければならないこともあります。そのため、大多数の人は自分で荷造りをすることになります。引越の荷造りのときには、不要なものは思い切って処分するのも一つのコツです。荷造りは荷物の整理するよい機会といえます。引越を機に、いらないものは処分するように意識すると荷造りも楽ですし荷物もすっきりします。また、リサイクルショップに売るという手もあり、うまくいくとちょっとしたおこづかいにもなります。特に本や洋服、靴やかばんなどは整理するのにもってこいです。ある程度使っていないものは処分するのがおすすめです。

意外と時間がかかる

引越の荷造りは、意外と時間がかかるのが特徴です。初めての場合、どれくらい時間がかかるのかわからずについ後回しにしてしまい、前日に突貫作業となる人も少なくありません。また、生活に必要なものまでつめてしまい、後からダンボールをあける必要が出てくることもあります。荷造りのコツは、使わないものは早くしまい、しまったダンボールは部屋の奥につみあげておくことです。普段使わない押入のものや、本、予備の食器類などがまず手をつけるべきものです。その後、予備の靴やシーズンオフの靴、予備の食料などを整理しましょう。ダンボールにつめたら、なにを入れたか細かく書いておくのも重要です。本などの重いものは小さなダンボールに、衣服など軽いものを大きいダンボールに入れるのもコツです。