箱

早めの行動を

引越 荷造り

引越の荷造りの際には、不要なものを処分するようにすると荷物の整理にもなるのでおすすめです。意外と時間がかかるので、押入のものなど使わないものは早めに着手し、少しずつ進めていくのが重要です。ダンボールに入れたものを書いておくのもポイントでしょう。

もっと詳しく

単身引っ越しを格安価格で

家とダンボール

運搬する必要がある荷物の量が少ない引越しに当たって活用したいサービス、それが単身パックです。これは、予めサイズが決められたコンテナボックスに荷物を詰め込むことができれば、通常のトラックを利用した引越しよりも、大幅に安価な価格で利用することができるお得なサービスになっています。

もっと詳しく

安く引越すためには

男性

引越しの費用を安くするためには、ネット上で業者の比較見積もりをすることが大切です。一番安い業者も簡単に見つけることが出来るでしょう。また、早割やWEB割りや平日割といった割引を活用することも大切です。

もっと詳しく

費用を削減して引っ越す

電卓を持つ人

一括見積もりが人気

数多くの引越し業者が乱立している昨今、できるだけ安いところを探している人も多いでしょう。しかしこれは実際に利用してみないと詳しい値段はわかりにくいです。というのも引越しは距離や荷物の多さによって値段が変動するからになります。しかしある程度の見積もりはできるので比較サイトを利用してみるといいです。比較サイトは有名な引越し業者が数多く登録されています。調べるときはホームページにある専用フォームを利用して気軽に行えるのです。すると簡単に見積もりができるので依頼をする前に使ってみましょう。大手だけでなく地域密着型の引越し業者も登録しています。なるべくコスト削減をしたいなら比較して安いところを見つけるとよいです。

時期により変化する

1年間を見てみると引越しが頻繁に利用される時期とそうでない時期に分かれます。実は業者では利用者の多い時期にあると料金を高くしている傾向があるのです。なので安い引越しをしたいときは利用頻度の低い時期を確認して使うのが良いでしょう。特に3月と4月は学生の入学や引越しが多く、さらに新社会人も多いため多くの利用者が発生します。就職活動をするための準備段階の時期ならそこまで利用者は多くないです。これは13月や1月といった時期で、さらに7月も利用者が少なくなっています。また時間も大きく影響していて、午後から特に夕方あたりは料金が安い傾向があるのです。あまりの安さにびっくり仰天するでしょう。これは午前中に引っ越しを済ませたい人が多いため注文が集中するからになります。